トピック&事例

中国(上海)自由貿易試験区(その1)

・従来の上海総合保税区*1に2013年9月29日に開設された、従来の中国他地域*2にはない大胆な改革、開放政策を試験的に実施する地域です。投資の開放、貿易の便利化、金融制度緩和、国際水準の行政管理の実現等を目標としています。
・中国が内需主導型、市場型の経済発展モデルに転換するためのパイロット地域という役割を担っており、中国の今後の発展を占う極めて重要なプロジェクトと位置づけられています。

*1  総合保税区とは1990年制定の保税区をベースに2007年に新設された地域にて、進出企業は「税の優遇」、「オフショア口座開設等資金流通に係る利便性」、「貿易オペレーション向上」等のメリットを享受します。
*2 香港、マカオ、台湾地区を除きます。

サブタイトルなし

PAGE TOP