オフショア人民元 基礎知識

  • ホーム
  • オフショア人民元 基礎知識

2009年7月のクロスボーダー人民元決済解禁以降、中国本土と中国本土外の人民元取引(主に送金)は段階的に拡大、オフショア人民元市場も世界全体に広がっています。このコーナーでは、オフショア人民元に係る簡単な基礎知識をご紹介します。

クロスボーダー人民元決済の進展イメージ

  1. 2009年7月以前
  2. 2009年7月以降 当初
  3. 2009年7月以降 現状

人民元の「2つ」の市場

中国人民元の場合、2009年半ばまでは中国本土内(オンショア)でのみ人民元決済が行われていました(オンショア人民元市場)が、その後、中国本土外(オフショア)での人民元決済が段階的に認められ、香港を中心としたオフショア人民元市場が発展してきたため、現在はオンショア人民元市場、オフショア人民元市場が共存する形となっています。

オフショア人民元市場の成立

2009年7月のクロスボーダー人民元決済の解禁(中国人民銀行等、6部門より公布)を受け、オフショアでの人民元の取扱が始まり、更に2010年7月に中国人民銀行、香港金融管理局が人民元業務に関する協力の覚書を締結し、香港の銀行に一部人民元建てサービスを認めたことから、本格的にオフショア人民元市場が立ち上がりました。

オンショア人民元市場とオフショア人民元市場の関係

オフショアの金融機関は限られた場合を除き、オンショア人民元為替・金利市場にアクセスすることができず、またオンショアの金融機関も原則オフショア市場にアクセスすることができません。その結果、両人民元市場の取引参加者は異なり、レートは基本的に異なります。

オフショア人民元市場と中国規制の関係

基本的にオフショア人民元市場における人民元為替・資金取引は中国国内規制の対象ではありませんが、中国国内で規制・制度変更があった場合、オフショア人民元市場でのレート(為替・金利)に影響が及ぶ可能性があります。

人民元の表記について

市場では、「オンショア」での為替・金利取引を「CNY」取引、「オフショア」での為替・金利取引を「CNH」取引と呼ぶのが一般的ですが、実際に決済を行うに際して異なる通貨、貨幣が存在する訳ではなく、国際決済システム上での人民元の表記は「CNY」に統一されています。

直接為替取引市場

日中政府間の合意により、2012年6月より、日本、中国(上海)双方で同時に、「人民元-日本円」の対人民元直接為替取引(2営業日後渡し)がスタートしています(従来は対米ドルのみ)。その他ロシア、マレーシア等でもそれぞれの本国通貨との間で直接為替取引が始まっています。

中国(上海)自由貿易試験区

中国(上海)自由貿易試験区は、2013年9月29日に開設された、従来の中国他地域にはない大胆な改革、開放施策を試験的に実施する地域です。

オフショアでの人民元指標金利の誕生

2013年6月24日より、香港市場の指標金利(HIBOR*)にオフショア人民元(CNH)が追加されました。オフショア人民元指標金利の誕生により、人民元預金、貸出、金利デリバティブ等、金利を活用した人民元商品は今後拡充する見通しです。
*Hong Kong Interbank Offered Rate

(2014年2月時点)

点心債

「点心債」は「Dim Sum債」とも呼ばれ、中国本土以外のオフショア市場、主に香港で発行及び流通するオフショア人民元建債券(ユーロ人民元債)を指し、中国内金融機関及び企業による発行には当局の許可が必要です。
一方、本邦企業を含めた中国本土以外の企業による発行は自由ですが、調達した人民元を中国内に還流する為には、別途当局の許認可等が必要になります。

PAGE TOP